もう税務調査もこわくない!経験豊富な税理士があなたをバックアップ

調査での強い味方、税務調査に慣れた税理士

税務調査に強い税理士とは

税務調査が入るという時、やはり、スペシャリストである税理士がいてくれると助かるものです。

しかし、どんな税理士でもこの調査に答えてくれるのかと言えば、そうではありません。
税理士でも、口下手な税理士ではとてもまともな対応はしてもらえません。正当な申告をしているのに、税務署の調査員にうまく丸め込まれて、追徴課税を払わされるはめになるかもしれないからです。
税理士試験には、税務調査の試験はないのです。

時々、税理士事務所のホームページに「税務調査の立ち会いできます」などと書いてあっても、それを信用してはいけません。
立ち会いはできても、うまく通してくれるとは限らないのです。

そこはこちらの申告が間違いのないものであることをしっかりと証明してくれる税理士に仕事をお願いしたいところ。
直近の仕事などを確認して、月に数回以上、税務調査の立ち会いをしている税理士に頼んだ方が間違いがありません。

税務訴訟保佐人の経験があるかどうか

さらにこれまでの経歴を確認して、税務訴訟保佐人の経験があれば、なおよしという感じでしょうか。

税務訴訟保佐人とは、税務に関する訴訟の際に、弁護士と共に裁判所に出廷して、その保佐をする税理士のことです。
税務調査の内容に不服がある場合、裁判所に異議申し立てを訴えることができます。なかなか税務調査の結果が、裁判にまで持ち込まれるケースは稀ですが、それだけに税務訴訟保佐人をしているということは、多くの税務調査に立ち会っているということの証左に他なりません。
これ以上に心強く、頼もしい味方はいないでしょう。

もし、最終的に税務調査の内容に不服があり、訴え出る場合には、更にその手腕を発揮してくれるのではないでしょうか。


TOPへ戻る